年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第10回 株式会社アントワークス 代表取締役 早川秀人氏
update 08/04/28
株式会社アントワークス
早川秀人氏
株式会社アントワークス 代表取締役 早川秀人氏
生年月日 1964年、東京都生まれ。
プロフィール 19歳の時に「すた丼」の生みの親である橋本省三氏が経営する店にアルバイトとして入り、22歳で社員に。橋本氏の他界後、経営者となり、店舗展開を推進。初期の店舗は「名物すた丼の店」、ここ数年の新規店舗は「伝説のすた丼屋」の店名で展開。世界で一番「すた丼」を食べ一番「すた丼」を愛していると自負する。
主な業態 「伝説のすた丼屋」
企業HP http://www.antoworks.com/
大盛りのご飯にたっぷりの豚肉、そして香ばしいニンニク風味…そのクセになる味とボリュームでお客を挽きつけてやまない「すた丼」の生みの親・橋本省三氏の亡き今、7年後の全国制覇を目指して躍進する同社代表取締役、早川秀人氏に話を聞いた。
 昭和47年、多くの若者から「オヤジ」と呼ばれ、親しまれた一人の男が生み出した丼飯、それが「すた丼」だ。丼には、「安い金で彼らに腹一杯食べさせたい」そんな熱い想いが込められている。作ったのは橋本省三氏。株式会社アントワークスで代表取締役を務める早川秀人氏も「オヤジ」と慕う人物である。橋本氏が20代の頃に開店した「さっぽろラーメン」という店で “すたみな丼”(後の“すた丼”)を作ったのが始まりだった。誕生から36年、当時の味は今もしっかり守られていると早川氏はいう。
 味の決め手は、ニンニク風味のタレにある。タレは、複数の合わせ醤油にニンニクを合わせ、何日も寝かせて熟成させたもので、このタレと相性抜群なのが豚バラ肉だ。「注文ごとに、豚バラ肉を油通ししてから長ネギと一緒にこのタレで炒めます。それを、海苔をのせたご飯の上に豪快に盛りつけ、真ん中に卵黄を乗せたれば出来上がり」。
 そのボリュームにまず驚かないものはいないだろう。ご飯だけでも450gを盛られている。「丼のチェーン店では『すた丼』より安い店がいくらでもあるし、ボリュームにでも特大を出している所があります。しかし『すた丼』は味・ボリューム・価格の絶妙なバランスという点で、他にはない魅力がある」と早川氏は自信をのぞかせる。その魅力に取り憑かれるのは、やはり圧倒的に男性客が多いようだ。ただ最近は女性客も増えてきている。
 
 もちろん、魅力はこればかりでない。早川氏はこう続ける。「店が豪快な男の雰囲気を醸し出しているのも大きな魅力なのかもしれません。店の壁に書かれた当店の「掟」には「味わいつつ、ぶっこむべし」と書かれている。オヤジの頃からそういう雰囲気は顕在で、もっと極端でした」と早川氏は微笑む。
 当時の武骨さを伝えるこんな逸話も残っている。「オヤジの方針は、『気に入らなかったら来るな!』。お客の態度が気に入らないと、退店を命じることさえありました。オヤジの姿を見て、スタッフもお客に対しては同等な態度。同時にスタッフにも厳しかった。殴られたこともあった。合わない人はやめていき、合う人は残っていったため、結束・仲間意識が強まった」と早川氏は振り返る。橋本氏はボクシングの関東大会で3位に入賞するほどの腕に覚えのある人物で、活気盛んな若者達からも一目置かれるカリスマ的な存在だった。「お客様に、『あの店の店員は怖い』と言われる店でしたからね。武骨だけどパワーのある集団。当時とは時代が変わりましたが、良い意味で、そうした伝統は残していきたいと思っています」(早川氏)
 
 早川氏は19歳でアルバイトとして店に入り、社員になったのは22歳の時だった。連日、「すた丼」を食べ続け、自身も「すた丼」の大ファンであったという。「オヤジは『俺がみれるのは3店舗まで』という考えでしたが、すた丼を全国の人に味わってもらいたいという夢を僕は持っていました」。
 橋本氏が病気で他界した後、早川氏が経営者になってからは、出店に備え人材育成に注力した。そして2000年の八王子店の出店以降、積極的に多店舗展開を始め、現在はテイクアウトの弁当屋を含め17店舗を展開している。
 出店した店が成功する度に橋本氏が生んだ「すた丼」のすごさを実感するという早川氏。「43歳になった今、50歳までには全国制覇、100店舗体制にしたいと考えています。今年だけで6店舗のオープンを予定しており、毎年出店ベースが早まっています。オヤジの意志を引き継ぎ、「すた丼」をこよなく愛するという私たちの哲学を共有できる人と組みたいですね」と目を輝かせる。
 この数年は、地方での採用も積極的だ。地方出身の若者を東京育て、全国展開する際に彼らに活躍してもらえるように準備に余念はない。「やる気のあるスタッフたちの夢や目標を応援できる会社でありたい」と未来へ向け期待を大きく膨らませいている。
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら