年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第657回 株式会社古久家 代表取締役社長 小林剛輔氏
update 18/09/18
株式会社古久家
小林剛輔氏
株式会社古久家 代表取締役社長 小林剛輔氏
生年月日 1971年10月18日
プロフィール 藤沢市出身。1971年、小林家の二男として誕生する。中学から東海大学付属相模高等学校に進み、大学まで進学。ただし、大学は3年間で中退し、21歳の時、株式会社古久家に入社。次代の社長として敏腕を振るい、36歳の時、3代目社長に就任する。2018年現在、「中華そば寅」5店舗。藤沢の街中華「古久家」6店舗を経営。関連会社ではカフェなども経営している。
主な業態 「古久家」「中華そば 寅」「Ko-Ba」「珈琲家アルト」他
企業HP http://kokuya.com/

創業昭和22年。藤沢市民のソウルフード、その始まり。

「古久家」の歴史は古く、開業は1947年とある。一般的に言われる終戦の直後だ。酒問屋を営んでいた初代社長の小林三郎氏は「これから庶民は、甘いものを欲しがる」と、祖母の実家が穀物の集荷場をやっていたつながりで、新たに和菓子店を開業。これが「古久家」のルーツとなっている。
和菓子から「中華」に舵を切るのは、1971年のこと。和菓子の製造を中止し、店舗を中華料理・ラーメンに絞り「古久家」を展開する。
二代目の小林春代氏も、庶民目線を忘れず、1999年、ラーメンブームが到来し、ラーメンの価格が高騰するなかでも、低価格での提供にこだわり、一杯350円で提供する「中華そば寅」を開業する。振りかえれば「古久家」は、創業からずっと庶民の味方でありつづけたことがわかる。
さて、この「古久家」の三代目社長が今回、ご登場いただいた小林剛輔氏である。小林氏は、1971年10月18日、藤沢市に生まれている。ちょうど祖父が中華料理・ラーメンに舵を切る時だ。
「和菓子店を畳んだのは、私が生まれる直前だったそうです」と小林氏も語っている。
小さい頃の小林氏は、比較的大人しい性格で、料理が好きな少年だった。祖母とともに、「お手伝いさんにも育てられた」と言っているから、裕福だったのだろう。
実際、3歳時にグアムに行ったと言っているから、相当、経済的に恵まれていたはずだ(当時は、今のように海外旅行は一般的ではなかった。それだけ庶民にとっては高根の花だった)。

旅行好きは、母親譲り。

「私が小さい頃に両親は離婚します。母は当時から店にもでていましたので、私は祖母やお手伝いさんに育てられた感じですね。もっとも、母との思い出も多く、母が旅行好きだったもんですから、2人でよく旅行にでかけました」。
北海道や信州、グアムもそうだし、ニューヨークやパリにも足を伸ばしている。
小学校は、湘南学園。中学は、東海大学の付属中学に進学。エスカレーターで大学まで進学できるのが、決め手だった。中学からブラスバンドを開始。チューバを担当していたそう。高校では、生徒会長に就任。のちに制服が替わるのだが、そのきっかけをつくったという。
ところで、母がそうだったように、小林氏も旅行好きだった。小学4年から一人旅をしている。「ええ、ホテルを予約して、列車に乗って。そうですね。母に、『家出ではありません』と一筆書いてもらって」。思い立ったら旅に出る。それは今もかわらないらしいが、このエピソードからも、早くから自立していたことが伺える。
「料理も好きでした。誕生日にちっこい目玉焼き用のフライパンを買ってもらって、得体の知れないものをつくっていたそうです/笑」。

東海大学中退。

実は、小林氏には5つ離れた兄がいる。しかし、小さな頃から家業を継ぐのは、弟の小林氏という流れだったそう。「兄は自由人で、縛られるのが何よりイヤな人で、早くから継ぐ意思がないと言っていました。反面、私は料理も好きだったからでしょうか、いずれ会社を継ぐのはオレだと。18歳の時に、2代目の社長である母から問われ、意思を固めました」。
大学進学と将来の道を二つ同時に決定した。もっとも大学のほうは、中学生時代からの既定路線。ちかくにあった「すかいらーくグループ」の「藍屋」でアルバイト三昧。結局、3年間で取得したのは2単位で、自主退学している。
「大学には行っていたんですが、キャンパスの芝生のうえでゴロと寝そべって空をみているばかりで、授業には出ていなかったんです。どうしてでしょうね。やる気がぜんぜんでなくて/笑」。
反面、藍屋では3年間まじめに(本人談)勤務し、大手企業のノウハウを取得した。いずれそのノウハウを移植する予定だったに違いない。「21歳で大学を中退し、うちの会社に入ります。当時5店舗目を出店する時で、その店の店長としてのスタートです。最初はバイト時代につかんだノウハウを活かそうとして、いろいろ問題を起こしました/笑」。
三代目となるべく、入社したのが21歳の時。社長を引き継いだのが36歳の時である。

3代目が守る藤沢市民のソウルフード。

「現在、『中華そば寅』が5店舗で、藤沢の街中華『古久家』が6店舗。関連会社でカフェなども出店しています。出店に関しては、それほど積極的ではありません。社員が育てば、それに見合ったステージを用意してあげなくてはいけないんで、それで出店という感じでやっています」。
「中華そば寅」のラーメンの価格を聞いてびっくりした。「ハイ、今もラーメン一杯380円です。最初は350円でしたから、30円値上げした計算です」。
「古久家」は創業からすでに70年以上経過するが、「中華そば寅」は、20年弱。すでに書いたが1999年、ラーメンブームが到来し、ラーメンの価格が高騰するなかで、庶民の味を守るために350円でスタートしたのが、その始まりである。
「ありがたいことに、藤沢市民のソウルフードって言われています。これもまた、庶民というキーワードを忘れずやってきたからだと思います」。
社長に就任してから、およそ10年。次へのバトンも、そろそろ考えていく時期か。いずれにしても庶民の味は守っていただきたい、と思う。藤沢市民のソウルフード。3代目社長のこれからの舵切りが楽しみだ。

思い出のアルバム
思い出のアルバム
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら