年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第749回 日本サブウェイ合同会社 社長 角田 淳氏
update 19/10/15
日本サブウェイ合同会社
角田 淳氏
日本サブウェイ合同会社 社長 角田 淳氏
生年月日 1971年3月25日
プロフィール アメリカの大学を卒業し、大手自動車メーカーに勤務。そのかたわらで、スポーツイベントや音楽イベントの企画やマネジメントを行い、それが、のちに本業になる。その後10年間スポーツマネジメントに携わり、39歳の時に日本サブウェイに入社。マーケティング・経営企画などを経て、2016年、社長に就任。
主な業態 「サブウェイ」
企業HP https://www.subway.co.jp/

今日のランチに、サンドイッチをつくろう。

自分好みのサンドイッチをカスタマイズできる。サブウェイのサンドイッチのことだ。
まず、サンドイッチの種類を選択。つぎにパンをチョイス。そのあともいろいろ選べて、オリジナルのサンドイッチをつくっていく。
私の例でいうと、たとえば、ローストビーフを注文したとする。パンは基本、セサミ。トーストしてもらって、トッピングはなし。野菜は、苦味と辛味が欲しいのでピーマンとオニオン多めで、ピクルスを追加。サンドイッチは、その日によって違うが、ドレッシングはお決まりの、わさび醤油。
サンドイッチはポーカーをやりながらも片手で食べられる便利な食べ物であるが、サブウェイのサンドイッチの場合は片手とはいかない。両手でワシっとつかみ、かぶりつく。小食の人ではなくても、レギュラーで満たされる。難点を一つ挙げれば、口をひらくので顎が多少疲れることくらい。(フラットブレットを選べばその心配もないだろう)
さて、今回、ご登場いただくのは、このサブウェイを運営する日本サブウェイ合同会社の社長、角田 淳氏だ。
じつは、2011年、当時の社長、伊藤 彰氏にもインタビューさせていただいている。当時はまだサントリーホールディングスの子会社だった日本サブウェイ株式会社が運営していた。あれから8年、サブウェイにも、いくつかの変化があった。最大のものといえば、運営会社がサブウェイ本体にかわったことだろう。そして、変革の時期を迎えている。その点もうかがってみた。

サブウェイの歴史。

「最盛期は470店舗に及んだんですが、現在は約240店舗です。運営がかわったのは、2016年にサブウェイがサントリーと結んでいたマスターフランチャイズ契約を更新しなかったから。サブウェイとサンドイッチのことだけを考えているスタッフによる運営体制に変わったのです。韓国では数年前に店舗を整理したあと、もう一度出店を加速し、現在は過去最高の店舗数です。日本もこれからそのフェーズに入ると思っています。現在、店舗の売上・利益も回復傾向にあり、様々な改革が実を結んできています」。
サブウェイの基本戦略は、フランチャイズ。パッケージとしては出店コストも低く、ロイヤリティは8%だが、他のチェーンと違い、野菜などの食材にはいっさい上乗せがないから実は条件がいい。角田氏自身も「初めてFC店を経営しようという個人の方にも向いている」と言っている。
法人だけでなく、個人でも経営しやすいのが特徴というわけだ。さすが、世界中に広がっているだけはある。
今後は、首都圏、近畿、中部エリアを中心に展開を強化するとのこと。サブウェイのサンドイッチを食べた人も多いエリアだけに、拍車がかかることだろう。むろん、指揮をとる角田氏の手腕が問われるのはいうまでもない。
では、長くなったがいつも通り角田氏を生い立ちから追いかけてみよう。

中学からはじめた寮生活。

「私は、1971年生まれです。小学校入学直前までブラジルで生活していました。母は、南米出身です。最初はポルトガル語で、つぎにスペイン語、実は日本語をマスターしたのは、日本で暮らすようになってからです。姉が1人います」。
重工系の仕事をされていたからだろう。父親は海外出張も多く、グローバルに育った子どもたち。姉は高校からアメリカへ、角田氏もまた大学からアメリカで過ごしている。「だから、いちばん日本にいるのは、外国出身の母でした(笑)。私は中学から寮生活に入ったので、家にいるのは、もっぱら母1人でした」。
中学から寮生活?
「そうなんです。小学校の校長先生に勧められて、静岡の学校に進みました。入学してからは担任に勧められ、ラグビーをはじめます。練習量は多くないものの、成績は良かったですね。グランドでも寮でもいっしょですから、チームワークが取れていたんだと思います。あの時の学生生活は私にとって財産です」。
週に1回、お菓子をもとめ下界に降りた。それも、いまになれば楽しい思い出だ。

サブウェイへ。そして、社長就任。

アメリカの大学を卒業した角田氏は、帰国し、大手自動車メーカーで勤務する。「2年半、勤務するんですが正社員ではありません。当時、もう一つ仕事をもっていて、東京で様々なイベントの企画やマネジメントをしていました。その後10年程スポーツイベントや音楽イベントをプロモートしてきました」。
じつは、レアルマドリードにかかわる仕事もしている。
「39歳になった時ですね。知り合いがサブウェイのコンサルタントを務めていたという縁で、サブウェイに出会います。当時、社長だった伊藤さんに誘っていただいたのも、きっかけとなりましたし、それまではスポンサー側の仕事をしたことがなかったので、それも経験してみたいと思い、新しい世界に飛び込みました」。
角田氏が39歳だから、2010年。ちょうど店舗が拡大期にある頃だ。入社した時の肩書きは、販促部長代理。のちに営業推進・経営企画にも異動している。
2016年にはサブウェイがマスターフランチャイズ契約を更新せず、サントリーからサブウェイ本体に、運営がかわる。
そして、その後、角田氏が社長に抜擢される。
「基本的には、日本市場にフォーカスした戦略を展開しています。移行後、いったん外国人の社長になるんですが、半年くらいで私とバトンタッチします。それから3年、チェーン運営の仕組みはグローバル、商品・マーケティングはローカルと、日本とグローバルのそれぞれ一番良い所をうまく取り入れてきました」。
今後のFC戦略は、すでに書いたように認知度の高い首都圏などの主要都市への出店が中心になると考えます。「個人にも最適」というパッケージはむろん、そのまま。
注文の方法もいっしょだ。
それをうかがって安心した。
サンドイッチを選択する。パンと野菜とドレッシングをチョイスする。トッピングも自由。
「サンドイッチを買いに行く」ではなく、「サンドイッチをつくりに行く」。そう思うと、向かう歩みも軽くなる。サブウェイは、旨くて、ヘルシーで、そして、楽しくて、いい。
お腹が減れば、オリジナルのサンドイッチをつくりに、サブウェイへ行こう。個人的に、オススメのサンドイッチはローストビーフ、パンはセサミ、ピクルス追加で、ドレッシングは、わさび醤油だ。

思い出のアルバム
 
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら