年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第76回 株式会社グッドスパイラル 代表取締役 熊谷光裕氏
update 09/11/10
株式会社グッドスパイラル
熊谷光裕氏
株式会社グッドスパイラル 代表取締役 熊谷光裕氏
生年月日 1971年、山形県米沢市出身。
プロフィール 高校卒業後、株式会社東北電力に入社し、約5年間勤務。その後、うつ病にかかり、病院通いを余儀なくされる。25歳の時に上京して人生をリセット。
株式会社グローバル・ダイニングや株式会社クリエイト・レストランツなど、時代の注目企業に次々と転職していき、企業成長や成功経営者の要因をさぐる。30歳で貯金1500万円を貯め、35歳で独立。
現在、株式会社グッドスパイラルで飲食2店舗を展開中。
主な業態 「もんじろう」「漁 十八番」「漁 十八番」など
企業HP http://goodspiral.jp/
株式会社グッドスパイラルは東京・渋谷に素材重視型の店舗を2店、展開している飲食企業だ。同社の熊谷光裕社長は、株式会社グローバル・ダイニングや株式会社クリエイト・レストランツなど、注目企業を次々と渡り歩いてきた人物だ。上昇志向が強く、過去にはそれがうつ病を招くことにもなったのだが、現在は挫折を乗り越え、しなやかな強さと賢さで個性を放っている。

榛名鶏使用、産地直送…etc。素材追求型店舗が人気!

“同じ想いを抱いた起業家を一人でも多く輩出し、日本中にグッドスパイラルを起していきたい”と熱く語るのは、株式会社グッドスパイラルの熊谷光裕社長。
同社は現在、東京・渋谷に2店舗を展開している飲食企業だ。会社設立は2006年5月。今後の成長がもっとも期待される注目企業のひとつである。
同社の店は素材重視型の高満足メニューを揃えているのが特徴のひとつだ。例えば「串焼き もんじろう」は、群馬県産の高級鶏“榛名鶏”や黒毛和牛を使った串焼き店。1本80円からという手軽さにもかかわらず、高品質メニューで渋谷の若者を中心に評判を獲得している。平均客単価は2500円。 「もんじろう」の店長は次のように自店をPRする。
「刺身でも食べられるほどの新鮮な朝挽き鶏を、丁寧に備長炭で焼き上げます。余分な脂肪が落ちるので、ジューシーなのにヘルシーです!」。さらに、サイドメニューの王様である枝豆を、“片手で掴み取り”のスタイルで、一回280円で提供しているのもユニークだ。
一方、静岡県舞阪港から直送される新鮮な魚介類を揃えているのが「漁 十八番」。中でも名物となっているのが“原価売り”と銘打った日替わりメニュー。例えば三陸産生ガキは1ヶ180円、サンマの棒寿司は480円で提供。他にはマグロの頭を丸ごと焼き上げる「マグロのかぶと焼き」も評判を獲得している。

人生最大の挫折。頑張りすぎたからこそ…。

株式会社グッドスパイラルの熊谷光裕社長は山形県米沢市の出身。小学生にしてすでに身長170cmもあり、クラスでもダントツの体格と持ち前の負けん気で、小学・中学時代は野球部で活躍したという。
 親の教育方針は、“つねに一番になれ!”。だから熊谷氏は、勉強もスポーツも、“一番になる!”と決めたら、トップになるまで努力しないと気がすまないタイプだったという。
例えば高校受験では、毎日、夕方から夜中3時近くまで猛勉強し、睡眠時間はいつも3〜4時間だけ。“「やる!」と決めたら一意専心。目的を達成するまで頑張りぬく”というのが熊谷スタイルなのである。
しかしいまは、「頑張りすぎも良くない」と苦笑いする熊谷氏。20代半ば、“頑張りすぎ”が原因でうつ病に陥ったのだ。
「うつ病は本当につらかった。自分の心や体が悲鳴を上げていても、それを無視して頑張ってしまったのです。それが原因で病気になった。病気になって初めて、自分の場合は、もうちょっといい加減に生きてもいいのだと思い知ったのです」と話す熊谷氏。辛い挫折を味わったからこそ、“しなやかな強さ”を習得できたという。

企業成長や成功社長には共通要因がある。それを学ぶため転職。

さて、熊谷氏は27歳のとき、株式会社グローバルダイニングに入社した。東京・恵比寿にある同社の「ZEST」をお客として訪れ、衝撃を受けたからだ。
「和気あいあいというより、ピーン!と空気が張り詰めていました。ホールスタッフの声がとてもハキハキしていて、体育会系の雰囲気。実にいい店!」。さっそく翌日、同店の門を叩いた。
しかし入社後、飲食業界未経験に近い熊谷氏が、「誰も、何も、教えてくれない〜!」となげいていると、ある日、上司にこう言われてしまう。「教えてくれない?なんで自分で勝手に覚えていこうとしないの?」。
この言葉で、熊谷氏は自分の甘さを改めて認識し、その後、約2年間で同社のホールリーダーにまで昇格する。さらに、外食人として精進すべく、株式会社クリエイト・レストランツなどにも転職し、人気店の新規立ち上げなどに積極的に参画していくのである。
「その時代、時代で、話題なっている企業や店舗に携われるように努力してきました。それは、なぜその企業(や店舗)がいま伸びているのかを学びたかったからです。伸びている企業の経験者とは、どんな人物なのかも知りたかった」と上昇志向の強さをうかがわせる熊谷氏。
現在、約10人の社員をかかえる株式会社グッドスパイラルでは、採用の面接時には社長が直接出席し、企業理念を1〜2時間かけて伝えるようにしている。
「企業規模は小さくてもいい。だからスピード出店などもあまり考えていない。それよりも、起業家仲間を増やしていき、周囲にプラスの影響を与え続けられる集団に成長していきたい」と熊谷氏は力強く語る。

思い出のアルバム
思い出のアルバム1 思い出のアルバム2 思い出のアルバム3
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら