年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第810回 AGTK株式会社 代表取締役 宮村栄宏氏
update 20/10/27
AGTK株式会社
宮村栄宏氏
AGTK株式会社 代表取締役 宮村栄宏氏
生年月日 1978年5月22日
プロフィール 青山学院大学卒。大学在学中に、恵比寿「ゼスト」のオープニングに参加。卒業後、グローバルダイニングに就職し、11年半、在籍。31歳で独立。2020年7月現在、「シブヤバル209」「アジアン209」「呑ん処二〇九」を運営する。
主な業態 「シブヤバル209」「アジアンバル209」「呑ん処二〇九」他
企業HP https://shibuyabaru209.gorp.jp/
https://asianbar-209.gorp.jp/
https://nondokoro-209.gorp.jp/

大学進学までの話。

小さい頃は叔父の歯医者を継がそうと親族は考えていたそうだが、本人にその意思はなく、子どもの頃を一言で表せば「ガキ大将だった」と笑う。高校は、東京工業大学付属高校に進む。高校時代は、バスケットボールの選手。大学は、青山学院大学。
「うちの祖父は、灯台の光の部分をつくる会社を創業し、業績は文句なかったそうです。父親は、いったんそちらを継ぎますが、私が中学の頃に独立して起業します。ただ、私が19歳の時に事業がうまくいかなくなります」。
ただ、末っ子の宮村氏は、ちがっていた。行動を開始する。
「当時の私は、浪人です。だから、時間もあった。スーパーのアルバイトなんかをしながら、月に25万円くらい儲け、生活費にあてていました」。
月25万円。そりゃ、勉強する時間もなかったろう。離婚騒動も起こったそうだ。
「母が離婚を決めて、兄も姉も母と一緒に家を出るというんですね。それで、私に『あなたは、どっちについていくの?』って。当然、母と一緒に行くと思っていたんでしょうね。ただ、私の返事は違った。頑固なところもある親父ですが、みんな母親についていくのも、さすがにと思いました。だから、『オレは親父の面倒をみる』って言ったんです。そしたら、まったく予想外だったんでしょう。離婚そのものがなくなった/笑」。
離れ離れになるところを、宮村氏の一言が救った格好だ。しかし、父親は、宮村氏が21歳の時に他界されてしまっている。

グローバルダイニングとの出会い

「進んだのは青山学院大学の経済学部です。ただ、学校には全然行ってなかったから、単位はいつもギリギリでした。お金の問題も理由の一つですが、始めたバイトが、あのグローバルダイニングの恵比寿ゼストのオープニングスタッフだったので」。
もう、なにを言いたいかだいたい分かった。
ハマってしまったわけですね?
「そうです。すっかり魅了されちゃいます。本当はバーテンダー志望だったんですが、最初はカウンターの中にも入れず、瓶片付けばかりでした。それだけでもうヘトヘト/笑」。
ヘトヘトというのもうなずける。なにしろ、ゼストの月商は1億円ちかい。1日だけでも、相当数のアルコールの瓶が空いたはずだ。
飲食は、アルバイトと正社員の垣根が低い。料理長やマネージャーになれば、違いは明らかになるが、ホールスタッフの時代は、違いを見つけにくい。ではプロとは、何か?
「正社員とアルバイトっていうのではなく、プロかどうかは、ひとつひとつが全然違います。そもそも熱意も違いますし、プロ意識があるかどうかだけで、お客様への対応も変わります」。
「もちろん、プロは厳しいですよね。私は、さきほど言ったようにバーテンダー志望だったんですが、カウンターにも入れず、瓶片付け係です。なんでだよって話ですよね。ですがその当時は、ジントニックっていうのが何かも知らなかったから、当然なんですけどね/笑」。
ただし、それで終わるのは、宮村氏がいうプロではない。
「なんとか、とびらをこじ開けて、カクテルを勉強して…。結局その後、部下を29人もつようになって、バーのリーダーになりました。もちろん、大学時代の話です」。

「シブヤ109」の裏手に「シブヤバル209」、デビュー。

最高で月給55万円の学生アルバイト。お金は、どうしたんだろう? 学費に遣っても、まだ残るはずだ。
そんな話をすると、「半分は、母に渡していた」と宮村氏は、当然のように言う。人間性が表れた一言だった。よく聞くと、お母さまにはどんなときにも、月5万円以上を送っているという。頭が下がる。結婚しても変わらないそう。奥様も、理解がある人だ。
「大学卒業後、グローバルダイニングに就職して11年半働くことになります。西麻布の権八にいた時は、当時、アメリカ副大統領のチェイニー氏や、歌手のジャネットジャクソンさんなどもいらっしゃいました」。
たしかに、濃厚な11年だった。
宮村氏が独立するのは、次に就職した飲食業界に在籍中のこと。
「就職というか、私はスペイン・バルをしたかったので、オーナーにその話をすると、じゃあここでやってみないか、ということで、最初は委託のようなスタイルでスタートするんです」。
それが「シブヤバル209」ですか?
「そうです。完全に独立したのは、私が33歳の時です」。
「シブヤバル209」は、「シブヤ109」の裏手の道玄坂小道にある。立地も悪くない。そのあとも、出店を重ねる。2015年5月には「アジアンバル209」をリリース。2018年にも「呑ん処二◯九」をオープンしている。
「1号店はスペイン料理がベースのスペイン・バルです。2号店はアジアン料理です」。台湾や上海、タイを旅行している時にコンセプトを決めたそう。
3店目は今までとは少し違う。
「渋谷は若者の街というイメージですが、実は大人も少なくない。ただ、若者向けのショップが多いから、そう映るんでしょうね。うちの店もそうですが、渋谷にはオシャレなバルやレストランはあっても、いわゆる、大人がちからを抜いて飲める店がない」。
「お客さんに、どの店で飲むのがおすすめ? と聞かれても、全然思いあたらなくて。だったら、オレが酒場を作ろう、と。これが、3号店『呑ん処二〇九』誕生秘話です」。
つまり、プロダクトアウトではなく、マーケットインというわけだ。
それにしても宮村氏は多彩だ。スペインのつぎはアジア、そして、ジャパン。内装デザインにも宮村氏のセンスが盛り込まれている。
さらに、「呑ん処二〇九」には、別の意味で、壮大な計画が詰め込まれている。
最後にその話を聞いた。

上場めざす秘密兵器、ジャパニーズ・バル「呑ん処二〇九」。

「弊社の目標は、株式の上場です。今はまだ3店舗ですから、壮大なプランだと笑われそうですが。ただ、単なる目標として掲げているわけではありません。壮大であろうがなかろうが、トップがやると言い続ければ、絶対できると思うんです」。
秘密兵器もある。2018年にリリースした『呑ん処二〇九』だ。
「天ぷらとちょっと寿司と時々すき焼きをテーマにした、小型店舗です」。
この「呑ん処二〇九」は、社員1人、アルバイト3人で運営できてしまうという。調理は仕込み時間でほぼ済む。
「寿司といっても、巻きすしとバッテラだけだから、アルバイトでもできてしまうんです。ワインも、種類は多いんですが、ワインの特徴などを紙に書いてボトルに貼り、そちらをお客様に読んでいただくようにしていますので、バイトはワインの知識がいらないんです」。
つまり、素人でも始めやすいし、リスクも少ない?
「ズバリ、そうです。この『呑ん処二〇九』をパッケージにして、フランチャイズを開始します。日本だけではなく、世界でも勝負できるブランドだと思っています」。
たしかに、そうかもしれない。天ぷらも、寿司も、すき焼きも、みんな大好き。世界的にも認知度が高い。
「海外でいうなら、ここに出店したいんです」と、写真をみせてくれた。
スペインのサンセバスチャン。港町だし、石畳なかには、バルが並ぶ町だ。「まだ寿司屋が1軒あるだけでなんです」と宮村氏は子どものように目をかがやかせる。
たしかに、「呑ん処二〇九」なら、ジャパニーズ・バルとして、輸出できるかもしれないなと思った。しかも、案外、写真の町に似合うかもしれないな、とも。
こちらも、先の話になるが、スペインにジャパニーズ・バルを逆輸出する。
これも、また、面白い構想だ。

思い出のアルバム
 
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら