年代別社長インデックス
掲載時期別社長インデックス
オススメ求人サイト
リンク
第830回 株式会社アントワークス 代表取締役社長 早川 淳氏
update 20/03/30
株式会社アントワークス
早川 淳氏
株式会社アントワークス 代表取締役社長 早川 淳氏
生年月日 1972年9月7日
プロフィール 高校を卒業し、大手スーパーに就職。「ココス」「ふらんす亭」「おたる寿司」を経て、2008年、「アントワークス」に入社。2020年3月、現職の代表取締役社長に就任する。
主な業態 「伝説のすた丼屋」「デンバープレミアム」「伝説のステーキ屋」「き久好」
企業HP https://antoworks.com/

最初の肩書は、営業部長。

早川氏がアントワークスに入社したのは、2008年12月。大手ファミリーレストランなど、数社で要職を務めてきた早川氏の、入社時の肩書は営業部長。
「当時は直営店もまだ14店舗くらいです。社員もまだ30〜40人。私が入社したタイミングで社長(現会長)が、『全国制覇100店舗』というビジョンを打ち出します。私のミッションは、このビジョンを達成するための組織づくりでした」。
早川氏は、大手企業で取締役も務めていた実力派だ。飲食のキャリアも長い。壮大なミッションも、早川氏にとっては想像の範囲内だったかもしれない。
早川氏は、入社を決意した時の様子を以下のように話している。
「最終的には社長と面談して、私の経験が活かせると思って入社を決意しました。当時、『すた丼』が都心にも出店してやっと認知されはじめたタイミングです。ただ、すでに出店している多摩地区では学生やガテン系の人、またマニアックな人には、もう充分に知られていたんです。これはいうなら可能性のかたまりだな、と思いました」。
とはいえ、十数店舗の時に「100店舗」は大胆な構想だ。むろん、出店すれば、それでいいというわけではない。100店舗を機能させなければならない。だから、組織作りが重要になる。相当な時間がかかるはずだ。
「今までとは異なる発想や行動はもちろん、新たなルールもつくっていかなければならないわけですから、反発する人も少なくありませんでした。無理に進めても溝が深くなるだけ。私は、時間をかけて一人ひとりと対話して、『全国制覇』『100店舗』というビジョンについて語り、溝を埋めるよう心がけました。最初の2年間は、社長まで不安だったようですね/笑」。

最初に着手したのは、評価基準の作成。つまり、人を活かす基準づくり。

早川氏が、最初に手をつけたのは、「評価基準」。なんでも、あいまいな評価基準がもとになって退職する人が多かったそうだ。
「改善点がいくつかあって、それがわかっても、ぜんぶいっぺんには無理。私がアントワークスで最初に取り上げたのは、『評価基準』でした。これを、最優先事項に挙げ、問題点を洗い出し、明確な基準づくりを開始しました」。
できあがったのは、5項目5段階の「評価基準」。3ヵ月に1度、評価する体制も取り入れた。だが、打った手は、それだけではなかった。
「評価面談を自ら実施し、昇進時には、『昇進の理由』をしっかりと全社員に話すことまでしました。いままでのマイナスを打ち消すためには、制度だけつくっても意味がないと思ったからです」。
たしかに、ともすれば「制度」は足枷になる。「ルール」も同様だ。その「制度」や「ルール」の根底にあるものをどう共有するかが、問題であり、重要な点。
その意味でいえば、社長の言葉は、制度に命を吹き込んだことになるのではないだろうか?
ともあれ、早川氏が新たにつくった明確な基準は、不平不満をやわらげ、逆に指標となって現れることになる。

ロケーションの見直しで、店舗数の拡大を図る。

「私が入社した当時は、大学などの近くに出店していました。学生などをターゲットにしていたからです。これは、これで、間違いない戦略です。ただし、100店舗を前提にすると、不十分に映ります。私は、再度、出店計画を洗い直し、立地調査を重点的に行いました」。
その結果、フードコートなどにも出店が進む。学生やガテン系以外にも、「すた丼」が広がることになる。「ロケーションを増やすことで、30店舗のカベをクリアすることができたと思います。これが、入社して1〜2年に取り組んだことです」。
その一方で、労働環境の改善にも着手。新卒採用を始めたタイミングで月6日だった休日を、月8日にしている。また、新しく朝食のメニューもスタートしたそうだ。「これは、あんまりうまくいかなかったですね/笑」。
ただし、サービスエリア内では、まだ朝食メニューは健在。「談合坂エリアでは朝ごはんはかなり売れている」と早川氏は笑う。

100店舗達成、新たなストーリーが始まる。

入社して6年で役員になる。組織が大きくなることで、合わない人もでてきたそう。それもまた、早川氏が「大変だった」と挙げる一つ。実は、早川氏も、入社1ヵ月くらいは辞めたいと思っていたそうだ。あまりに体制が整っていなかったからだ。ミッションの「100店舗」は、ビジョンの向こうに霞んだことだろう。しかし、きっちりと、達成している。
「5年くらいでと思っていましたが、結局7年かかりました」。その間、組織も、人も生まれ変わった。売上は飛躍的に拡大する。独立制度もつくり、はやくも10人が独立している。
「FCも半数以上になっています。今後も、FCは拡大していきたいですね」。
FCの詳細を伺うと、加盟金150万円。平均的な坪数は25〜30坪で、30〜40席が目安。ロイヤリティは2%とかなり低い。
「関西では、ゴーストレストランにもかかわらず日商17万円という、『すた丼』のFCさんもあります。コロナ禍の下ですが、この業態は、まだまだ可能性があると思っています」。
Uber eatsとの相性もいい。これだけで月商1億円をあげている。たしかに、デリバリーで「すた丼」がやってくれば元気もでる。
「不況にも強いブランドだということを、改めて証明できた気がしますね」。
「伝説のすた丼」のもう一つのストーリーは、もう始まっている。

思い出のアルバム
 
ご登録はこちら

この企業にご興味のある方は、下記フォームよりご登録下さい。
求人情報が出次第、お知らせします。

ご登録はこちら