楽しい仲間と一緒に働く!プロになる!いんしょくハイパーでかけがえのない仲間を見つけよう!

体が喜ぶ健康的なメニュー

このコーナーは消費者の高まる健康志向のなか、飲食店で提供する「体が喜ぶ健康的なメニュー」にスポットをあて、
ダイエット、アンチエイジング、アレルギー対策・美肌効果・骨粗しょう症対策、冷え性対策
など様々なテーマでのメニューを毎月お届けします。是非、元気になるお店創りにお役立てください。

プチ薬膳~夏の養生 夏バテ予防ごはん~

スィートトマトとカッテージチーズのパスタ

プチ薬膳~夏の養生 夏バテ予防ごはん~
スィートトマトとカッテージチーズのパスタ

夏の養生は、身体の余分な熱をどうやって発散させるかにかかります。
 また、汗を多くかいたり、冷たい水を飲みすぎたりすることで、身体の中の必要な液体(潤いや血液など)が不足になることも多く、これが息切れや不眠、夏バテの原因です。
身体の余分な熱を取り去る夏野菜などを多くとり、また、身体の必要な液体を補う食材をとることが、カギとなります。
 トマトは、身体の熱をとると共に、潤いを与え、のどの渇きなども抑える食材。
今回は、更に潤いを与えてくれる食材、乳製品や松の実などが入っているジェノバソースを加えました。
また、夏でもクーラーの中にずっといるような場合は、これらに加え、ねぎや生姜、みょうが、紫蘇などを取るように心がけることも大切です。

スィートトマトとカッテージチーズのパスタ

トマトソースに甘くて濃厚なスィートトマトをフレッシュで加え、さっぱりとして酸味のあるカッテージチーズと合わせた夏らしいパスタです。

(材料)…スイートトマト 2ヶ、トマトソース 100g、カッテージチーズ 70g、フィデリーニ(1.4mm) 80g、塩 適宜、オリーブオイル 適宜、バジルの葉 適宜、ジェノバソース 適宜、

 

  1. たっぷりの湯に塩を加え、表示より1分少な目にパスタを茹でる。
  2. スィートトマトは、湯むきし、適当な大きさに切る。フライパンにオリーブオイルを熱し、スィートトマトを入れ、軽く炒める。トマトソースを加えて、一緒に1~2分煮込む。
  3. 茹で上がったパスタを②のソースに加えてからめ、塩で味を調える。
  4. 器に盛り付け、カッテージチーズをのせ、ジェノバソースをかける。バジルを飾る。

こちらもおすすめ…。慢性化のむくみに…。

ズッキーニと緑豆のリゾット

 

レモンポークソテーとゴーヤのアンチョビ風味

 

ズッキーニと緑豆のリゾット

緑豆は、中国春雨の原料。緑色の小さな豆で、こちらも身体の熱を取ってくれる食材。トマトと同様、熱を取り去り潤いを与えてくれるズッキーニや、生クリームとともに。夏の野菜は、潤いを与えてくれる乳製品と合わせるのがおすすめ。

(材料)…米 1/2cup、緑豆 大1、ズッキーニ 1/2本、オリーブオイル 大1、生クリーム 50㏄、バター 5g、塩・コショウ 適宜

 

  1. 緑豆は水に1時間浸しておく。ズッキーニはさいの目に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、ズッキーニを加えて炒める。米、①の給水させた緑豆を加え、米が透明になるまで炒め、水200ccを注ぐ。水が沸騰したら、フタをして弱火で10分煮る。
  3. 米がアルデンテになったら(固ければ、少し水を加えて更に煮る)、生クリーム、バターを加えてからめ、塩コショウで味を調える。

レモンポークソテーとゴーヤのアンチョビ風味

ゴーヤは、身体の熱を取り去る最強の食材です。熱を取り去る作用のある苦み気にせずに食べられるよう、アンチョビとともに炒めました。夏に必要なビタミンBが豊富な豚肉は、身体の潤いを与えてくれる食材の代表。レモンたっぷりでさわやかに仕上げました。

(材料)…豚ロース80g、レモン1/2ヶ、ゴーヤ1/4本、アンチョビ2枚、オリーブオイル 適宜、塩・コショウ 適宜

 

  1. 豚ロースは、筋に包丁で切れ目を入れ、塩・コショウする。ゴーヤは、種を取り、スライスする。苦みが強すぎるようであれば、塩をするか、水にさらす。レモンは輪切りにスライスする。
  2. フライパンに、オリーブオイルを熱し、豚ロースを焼き付ける。焼き色がついたらひっくり返し、スライスレモンを加え、ふたをして蒸し焼きにする。火が中まで通ったら、取り出す。
  3. 同じフライパンに、アンチョビとゴーヤを加えて炒め、塩・コショウで味を調える。
  4. 器にゴーヤを盛り、豚ロース、レモンを盛り付ける。

マクロビオティック、グルテンフリー、低アレルギーメニュー
(卵・乳・麦・落・そば・えび・かに・上白糖不使用)

くず粉の豆花(トウファ) 黒酢蜜かけ

くず粉の豆花(トウファ) 黒酢蜜かけ

最近、再ブレークを始めた台湾のスィーツ。今回は、くず粉でとろみをつけて柔らかく。
夏には、酸味のある黒酢蜜が絶対おすすめ。フルーツやきなこ、あんこなどお好みのものをたっぷりとのせて、どうぞ。

(材料2人前)…豆乳(成分無調整) 200cc、くず粉 大1、てんさい糖 大1、黒酢* 大2、黒蜜* 大1、フルーツ・ナッツ・きな粉・あんこなどお好みで
*中国の黒酢には、小麦が入っていることが多いので気をつけること。日本の黒酢には入っていないものが多い。
*黒蜜は、黒糖を同量の水と共に火にかけ、煮詰めたもの

 

  1. 豆乳にくず粉を入れ溶かす。鍋に漉しながら入れて火にかける。混ぜながら沸騰させ、沸騰してから2分、そのまま練る。器に盛り、冷蔵庫で冷やす。
  2. 黒酢は鍋に入れ、半量になるまで煮詰める。最後に黒蜜を加え、合わせる。
  3. にお好みフルーツなどを盛り付け、②の黒酢蜜をかける。



バックナンバーは飲食店コンサルティング FBA【カラダ”に優しい健康メニュー実践レシピ!!】を御覧ください!
お知らせ
コラム 関連コンテンツ

「クロスα(アルファ)」 飲食業界では誰もが知っている著名人が登場するスペシャル・コンテンツ

「星の瞬くレストラン」 日本の料理界を代表する飲食人の礎となった人生のスパイスを紹介(2008年完結)

いんしょく就職

ページの先頭へ