楽しい仲間と一緒に働く!プロになる!いんしょくハイパーでかけがえのない仲間を見つけよう!

体が喜ぶ健康的なメニュー

このコーナーは消費者の高まる健康志向のなか、飲食店で提供する「体が喜ぶ健康的なメニュー」にスポットをあて、
ダイエット、アンチエイジング、アレルギー対策・美肌効果・骨粗しょう症対策、冷え性対策
など様々なテーマでのメニューを毎月お届けします。是非、元気になるお店創りにお役立てください。

プチ薬膳~初春の養生ごはん~

春の炊き込みごはん~芽キャベツ、グリーンピース、アスパラ~

プチ薬膳~初春の養生ごはん~
春の炊き込みごはん~芽キャベツ、グリーンピース、アスパラ~

ふきのとう、たらの芽、たけのこ...、春ならではの山菜が出回り始めました。
春は、苦みのある食材をとるとよいと言われています。
春の山菜は、苦みのあるものが多いですね。
冬に溜め込もうとしてきた身体が、春になるとそれらを排出しようと変わりはじめます。
デトックス力の強い、苦みのある野菜は、大活躍です。
季節のものを食べるということは、その季節の身体に合ったものを食べるということになります。
今回は、春の野菜の中で、胃腸をいたわりながら、少し苦みがある芽キャベツ、胃熱をとってくれるアスパラ、気をめぐらせてくれるグリーンピースを使用した春らしい炊き込みごはんを。
花粉症の方、春になると口まわりなどにニキビのできやすい方などにも。

春の炊き込みごはん

芽キャベツ、アスパラは、食感、香りを楽しむためにもグリルなどで焼き目をつけます。ごはんは、グリンピースを茹でた煮汁で炊くと、ご飯にも香りがつきます。

(材料 2~3人前)…米 1合、芽キャベツ 5ヶ、アスパラガス 6本、グリーンピース 100g、塩 小1/2弱、
酒 大1

  1. 米は研いで、ザルに30分あげておく。芽キャベツ、アスパラガスはグリルで焼き目がつくまで焼く。グリンピースは、塩を入れた水(約250cc)で茹で、そのまま氷水などにつけて煮汁ごと冷やしておく。
  2. 炊飯器に、①の米、グリンピースの煮汁を線のところまで入れ、炊く。
    *土鍋で炊く場合は、煮汁を200ccになるように計る。
  3. 炊き上がり5分前に、芽キャベツ、アスパラ、グリーンピースを加え、酒をふり入れ、更に蒸らす。

こちらもおすすめ…。追加するなら…。

にんじんのすりながし

鰆のソテー からし酢味噌かけ

にんじんのすりながし

春にんじんのさわやかな香りが、身体のすみずみにいきわたります。

(材料 4人前)…にんじん 2本、玉ねぎ 1/2ヶ、セロリの葉 1本分、こごみ 8本、昆布 10cm×10cm、
生クリーム 50㏄~、塩 適宜、こごみ用八方地(だし:みりん:薄口醤油=8:1:0.5) 100cc

 

  1. こごみは、よく洗い、さっと茹でて、八方地に漬けておく。
  2. にんじん、玉ねぎ、昆布を鍋に入れ、ひたひたの水を注ぐ。セロリの葉を上にのせ、火にかける。沸騰したら、アクをとり、蓋をして弱火で20~30分、にんじんがやわらかくなるまで煮る。
  3. セロリの葉と昆布をとりだし、ジューサーにかけ、さらに裏ごし器でこす。温めて、生クリームと塩で味を調える。

鰆のソテー からし酢味噌

春ごぼうのやわらかく、さわやかな香りを楽しめるよう、ごぼうは本当にさっと火を通す程度で。

(材料)…さわら 1切れ、ごぼう 10cm、あさつき 適宜、からし酢味噌 大2、オリーブオイル 小1、塩 適宜

 

  1. さわらは、塩をし、30分ほどおいておく。ごぼうは、極細切りし、沸騰している湯に通す。あさつきは小口切り。
  2. ①のさわらは、出ている水分をふき取り、温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、両面がかりっとするように、ソテーする。
  3. 器に盛り付け、からし酢味噌をかける。上に、①のごぼうとあさつきを盛る。

マクロビオティック、グルテンフリー、低アレルギーメニュー(卵・乳・麦・落・そば・えび・かに不使用)

大人のいちご塩あん桜もち

大人のいちご塩あん桜もち (卵・乳・麦・落・そば・えび・かに不使用)

着色料を使用せず、いちごを皮に使用した薄いピンクの桜もち。今回は、甘さを加えていない塩あんを包みました。いちごの香る甘くない桜もち。苦くて甘い抹茶のソースをお好みでつけながら。
お子さまには、ココアのソースでも。もちろん普通の甘いあんこを包んでも。

(材料 10ヶ分)…米粉 90g、メープルシロップ 30cc、いちご 5ヶ、小豆水煮(無糖) 250g、塩 小1、
抹茶ソース(抹茶 小1、メープルシロップ 大1)


  1. 小豆水煮は、塩を加えて火にかけ、水分をとばして練り上、塩あんを作る。バットに広げて冷ましておく。いちごはすりおろし、水を加えて100ccにしておく。抹茶は、大1の湯で溶き、メープルシロップを加えて、更によく溶いておく。
  2. ボウルに、米粉、メープルシロップ、①のいちごのすりおろしを入れ、ゴムベラなどでなめらかになるように混ぜる。
  3. フライパンを熱し、うすくなたね油(分量外)を塗る。一度火を消し、②を20cc程度入れ、楕円にのばす。弱火で表面が乾くまで焼く。
  4. ①の塩あんを20gとり、丸めて、少しのばす。③の焼きあがった生地に塩あんをのせ、くるくると丸める。
  5. 皿に、抹茶ソースを流し、④の桜もちを盛り付ける。



バックナンバーは飲食店コンサルティング FBA【カラダ”に優しい健康メニュー実践レシピ!!】を御覧ください!
お知らせ
コラム 関連コンテンツ

「クロスα(アルファ)」 飲食業界では誰もが知っている著名人が登場するスペシャル・コンテンツ

「星の瞬くレストラン」 日本の料理界を代表する飲食人の礎となった人生のスパイスを紹介(2008年完結)

いんしょく就職

ページの先頭へ