楽しい仲間と一緒に働く!プロになる!いんしょくハイパーでかけがえのない仲間を見つけよう!

体が喜ぶ健康的なメニュー

このコーナーは消費者の高まる健康志向のなか、飲食店で提供する「体が喜ぶ健康的なメニュー」にスポットをあて、
ダイエット、アンチエイジング、アレルギー対策・美肌効果・骨粗しょう症対策、冷え性対策
など様々なテーマでのメニューを毎月お届けします。是非、元気になるお店創りにお役立てください。

プチ薬膳~夏の養生ごはん~

豚とレモンのスパイスカレー

プチ薬膳~夏の養生ごはん~
豚とレモンのスパイスカレー

 夏には、辛いもの、酸味のあるものが食欲をそそります。
 今回は、ビタミンBやCをたっぷりととって、疲労回復もできる豚とレモンのカレーをご紹介。
 最後に加えるレモンがさっぱりとさわやかで、まさに夏のカレー。
 中医学的には、体内の液体が少なくなりやすい夏には、それ補ってくれる豚肉は最適な食材。
 レモンは、口やのどの渇き潤してくれるとされています。食欲不振にも。
 スパイスは、身体の気や液体をめぐらせてくれながら、利尿をうながし、むくみなども改善してくれます。
 ただ、辛くし過ぎると、胃腸を痛めやすいので、辛いスパイスは注意が必要です。
 辛みを好みで調整できるスパイスから作るカレーは、夏には特におすすめですね。

豚とレモンのスパイスカレー

塩こうじを使用することで、お肉がやわらかく短時間でできあがります。ご飯は、雑穀米や黒米などがおすすめです。辛さの調整はカイエンペッパーで。

(材料 2~3人前)…豚肩ロース肉塊 300g、塩こうじ 30g、玉ねぎ 中1ヶ、
にんにく・しょうがすりおろし 各大1/2、トマト 1/2ヶ、ココナッツミルク 100cc~、
カイエンペッパー 小1/4、コリアンダー 小1/2、クミンシード 小1/2、
ガラムマサラ 小1/2、レモン汁 大1、レモンスライス 1/4、なたね油 大1.5、ご飯 適宜

 

  1. 豚肉は一口大の大きさに切り、塩こうじをもみ込み30分おく。
    玉ねぎは、みじん切り、トマトはさいの目に切っておく。
  2. 鍋に①の豚肉を入れ、焼き色がつくように表面を焼き付ける。焼き色がついたら取り出しておく。
  3. 同じ鍋に、なたね油と玉ねぎを入れ、中火で茶色になるまで炒める。すりおろしたにんにく、しょうがを加え、更に、トマトスパイスを全て加えて炒める。
  4. トマトの水分が飛び、ペースト状になったら、②の豚肉を戻し、ココナッツミルクを加えて蓋をし、10~20分煮込む。(水分は、水で調整する)
  5. 塩加減を調整し、レモン汁、レモンのスライスを加えて火を止める。*30分ほどおくと酸味が落ち着いてまろやかになる。

こちらもおすすめ…。追加するなら…。

オクラのポリヤル

 

タコとトマトのフレッシュマリネ

 

オクラのポリヤル

ポリヤルは南インドで野菜炒めのこと。ココナッツを加えてマイルドに仕上げます。ココナッツは身体の熱をとり、オクラは消化を助けてくれる食材。カレーと一緒にどうぞ。

(材料)…オクラ3本、マスタードシード 少々、ガラムマサラ 少々、ココナッツファイン 大1/2、塩 少々、
なたね油 少々、赤とうがらしはお好みで。

 

  1. オクラは塩(分量外)でこすり、洗う。ヘタを取り、小口切りにしておく。
  2. 鍋になたね油とマスタードシードを入れ弱火にかけ、蓋をする。
  3. シードがはじけてきたら、オクラを加え、軽く炒め、更に蓋をする。オクラに火が通ったら、ガラムマサラとココナッツファインを加えて塩で味を調える。

タコとトマトのフレッシュマリネ

塩とビネガーだけでシンプルでさっぱりとした味に。こちらもカレーと一緒に食べるのがおすすめです。タコは、血を作り、トマトは液を作ると言われています。ともに、夏に必要な食材です。

(材料)…タコ 50g、トマト1/4~1/2、玉ねぎ20g、なたね油 小1、白ワインビネガー 小1、塩・砂糖 少々、
パクチー 適宜

 

  1. タコはスライス、トマトは一口大に。玉ねぎはみじん切りに切る。
  2. 鍋になたね油と玉ねぎを入れ、弱火で炒める。しんなりしたら、白ワインビネガーを加え、塩・砂糖で味を調える。
  3. ①のタコ、トマトの上に②をかけ、和えて冷蔵庫で冷やす。器に盛り付け、パクチーを飾る。

マクロビオティック、グルテンフリー、低アレルギーメニュー(卵・乳・麦・落・そば・えび・かに不使用)

桃の甘酒アイスクリーム

桃の甘酒アイスクリーム (卵・乳・麦・落・そば・えび・かに不使用)

米と米麹だけでつくった甘酒は、ノンアルコール。しかも飲む点滴とよばれ、夏にはぴったりの飲料です。これを使用して、まったりとしたアイスクリームを。他、バナナやスイカなどのフルーツもあいますが、秋にアレルギーがでやすい(喘息や肌荒れ)アレルギっこには、この時期から桃や梨をとるといいと言われています。

(材料3~4人前)…もも 1ヶ、甘酒 100cc、ココナッツパウダー(乳不使用のもの) 30g


  1. ココナッツパウダーは甘酒少々を温めるか、少量の湯(分量外)でよく溶く。桃は皮をむき種を取る。
  2. 材料を全てミキサーに入れ、ピューレ状にし、冷凍庫で冷やし固める。固まったら、一度フードプロセッサーにかけ、なめらかにし、器に盛り付ける。



バックナンバーは飲食店コンサルティング FBA【カラダ”に優しい健康メニュー実践レシピ!!】を御覧ください!
お知らせ
コラム 関連コンテンツ

「クロスα(アルファ)」 飲食業界では誰もが知っている著名人が登場するスペシャル・コンテンツ

「星の瞬くレストラン」 日本の料理界を代表する飲食人の礎となった人生のスパイスを紹介(2008年完結)

いんしょく就職

ページの先頭へ